1990年代
BACK

★マーキーさん 2013.01.22

正確には今から23年前の事。18歳でギターを始めバンドも組んでライブをする生活を送るようになります。水道橋の飲食店でアルバイトをしながら、夜は秋葉原のリボレーでスタジオに入る生活が約1年続いた頃、あまり口も聞いていなかった父親が「おまえは、何をやっても長続きしないもんな!ギターは続きそうか?」などと、話かけてきました。私は若さもあるしカッコをつけて「あぁずっとやるよ!」と言ったのを覚えています。
その後ある夜の事は決して忘れません。私がライブをやるのを母から聞いたのでしょう。私のライブを1度も見た事がないし、興味ももっていなかった父が12月17日のクリスマスライブに来てくれていました。終わった後に「飯でも行くか?」と言ってくれたのにメンバーもいる手前はずかしくて、「晦日には実家に帰るから、いいよ!」と断ってしまいました。その次の日の夜、母から電話があり、父が事故で亡くなった事を聞く事になります。12月18日。
未だにたくさんの後悔や色々な思いが昨日の事のように残っていますし思い出されます。
しかし、私は今もギターを弾き続けています。そして、ギターを弾く事を職業にしています。何一つまともに続かなかった私が今もギターを大好きで弾き続けています。あの夜たった1回の私のライブですが見てもらえてよかったです。「ありがとう!お父さん!」